Wednesday, April 26, 2017

it happens only when you are in hurry...


 roadside repair.

道端修理。

but shinya was whistling merrily. compare to the Cannonball, this is nothing :D

キャノンボールのことを考えたら、こんなのへっちゃら。口笛吹いてたもの。




Tuesday, April 25, 2017

be free...


 the Aermacchi project, the seat area.

行き詰っていたマッキ・プロジェクトのシート周り。

no fins here (back of the seat). that was the answer.

シートの後ろ。ここにはフィンはいらない。フィンからの開放ですっきり。

 here, yes, fins. or maybe not.

ここはフィンなのか、フィンじゃないのか。

 to be continued...

続く・・・



removing black paint from the CL parts bike continues...

息抜きにガラクタカラの色剥がし。





 prep prep prep the Spike.

スパイクの準備 準備 準備。







before i knew it, shinya put the carrier on the CB160. since it's red, i guess it came off of the CL parts bike ;p

いつの間にかCB160にキャリアが付いていた。赤いということは、例のアレから取ったのだろう。





Monday, April 24, 2017

it's just another manic monday...


 the Aermacchi. the exhaust mufflers.


マッキ・プロジェクト。マフラーの続き。






 the other side.

反対側も。

 to be continued...

続く・・・




 found this handlebar at Willow swap meet for my pre-unit project.

ウィローのスワップ・ミートでこのハンドルバーを見つけた。どうかな。迷うな。

 now it got the headlight too.

ヘッドライトも付いた。うしし。



the CL parts. shinya found the original red paint from underneath one of the frames.

ガラクタカラの山。このフレーム、オリジナルはレッド・ペイントだ!とどんどん剥がし始める木村氏。止まらない。



now back to the Aermacchi. shinya's still thinking about something so he decided to pause for a moment.  

うーん、ちょっと行き詰まったそうなので今日はマッキはここまで。





start getting ready for the new land speed racing season.

早い。新しいレース・シーズンがすぐそこまで来ている。そろそろ準備開始せねば。








Sunday, April 23, 2017

some random photos from Saturday at Willow Springs Raceway...










 Brady and his SR500 ↑↓

Bと彼のSR500 ↑↓




3-year old girl was riding around this mini electric bike. and her big brother, probably around 6 or 7 was giving her some tips :D

3歳の女の子が乗り回していた。しかも6歳くらいのお兄ちゃんがコツを伝授したりしていた。将来が眩しい。




Saturday, April 22, 2017

a surreal experience...


came to Willow Springs Raceway for the annual vintage road race and swap meet event A.H.R.M.A. and then realized that we hadn't unloaded the old Honda stuff that we got in Monterey yet so decided to unload them here and maybe someone wants something. maybe.

毎年恒例のウィロー・スプリングス・レースウェイで開催されるヴィンテージレースとスワップミートにやって来た。そして、欲しかったCB77のエンジンだけさっさと下ろして残りのガラクタカラの山はチャボバンに乗せたままだったことに気づく。そうだ!スワップミートなんだから、さりげなく置いてみよう。きっと欲しい人で黒山の人だかりができるはず。あれ?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・誰も来ない。

great! customer's here. how may I help you? oh, it's our friend A-san. he was just showing off whatever he scored.

お!来た来た!いらっしゃいまーせー。って、変の態部長のAサオ氏だし。あっちの店でいい物見つけたって喜んでいる。


it was a pleasure meeting you guys C & C!

こちらのお二人もガラクタカラには興味なし。でもブログ見てくれていると言ってくれた。うれしい。

my XR185/200 is  "NFS"!

売り物ではありませんから!移動用に持ってきたXR185/200。

 1956 Indian Woodsman 500 ♥



it's time for riders meeting! and we spotted our friend, former AMA racer, Thad Wolff in his racing suites!!

ライダーズ・ミーティングが始まったのでトラックの方に来てみたら、ツナギ着た友達の元スーパーバイクのレーサー、タド・ウルフ氏を見つけた!


Thad went up in front, greeted everyone and then said his friend Wes Cooley was here. what? Wes Cooley's here, too?!

タドは群集の前に出て挨拶をし、「今日は友達のウェス・クーリーも来ています。」と言い出した。え?クーリーも来てるの?

WOW@@ the guy who was standing in front of shinya WAS THE Cooley!!

キャー!木村氏の前に立っていたこの方こそが、ウェス・クーリーだったとは!


 shinya got super excited and came closer to Cooley inch by inch :D

大興奮の木村氏、じりじりとクーリー氏に近づいて行く。


 dream comes true.

夢のツーショット(無理矢理)。

this is a picture from shinya's old photo album. it's shinya's Wes Cooley replica GS1000S in 1986 when he was around 24. :D  he said he never imagined that he would meet Cooley in person 30 years later at Willow Springs raceway. now i understand why shinya got a GS1000 10 years ago after he relocated to the States and said this would be his long-term pleasure project.

こちらは木村氏のアルバムより。1986年、24歳頃の木村氏が乗っていたウェス・クーリー・レプリカのGS1000Sの写真。30年後にしかもウィロー・スプリングスでモノホンのクーリーに会えるなんて、誰が想像できたでしょう。そりゃ興奮するのも分かります。現在も(ずっと頓挫していて10年越し)GS1000の個人プロジェクトを抱えている木村氏。なんでGS1000なのかなあってずっと思っていたけど、こういうことだったんだ。なんか感動。

Thad introduced shinya to Cooley :D told him about shinya's GS1000 project, too. thank you Thad! shinya was keep saying "Wes Cooley looked at my eyes and spoke to me!!" for the rest of the day :P

ウルフ氏がちゃんとクーリー氏に紹介してくれた。ついでに木村氏のGS1000のプロジェクトの話までしてくれている。ちなみにウルフ氏もなかな進まないGS1000のプロジェクトを抱えている。この後木村氏は「ウェス・クーリーが目を見て話してくれた!!」とアイドルの追っかけ並に一日中喜んでいた。


 highlight of the day.

今度はちゃんと一緒に写真を撮ってもらう。

#37 Thad Wolff on GS1000, #34 Wes Cooley on Katana in 1982. a page from shinya's old magazine collection. 2 years later in 1986, shinya bought the Cooley replica shown above. and 30 years later, three of them meet at Willow Springs raceway!

木村氏が大切にしている昔の雑誌の1ページに二人が一緒に写っている写真が。1982年、#37がGS1000に跨るタド・ウルフ氏、#34がカタナに跨るウェス・クーリー氏。これを見て青年期を過ごし、4年後にクーリー・レプリカを手に入れた木村氏。30年後に3人で写真を撮れる日が来るとは。





 Britten

 Thad is racing his CB160 today.

そして、本日CB160でレースに出場するウルフ氏。



the first class that Thad was in was a Le Mans-style start so i was asked to hold the bike for him :D

ウルフ氏最初のクラスはル・マン・スタイルでスタート。それでマシンを押さえている係に抜擢された筆者。

it's hard to tell from this picture but it was super great rocket start!

この写真からは伝わりませんが、めちゃくちゃ速かった!華麗なるロケット・スタート。本当に見事。


 yup, he knows everything about Willow.

ウィローは彼にとっては庭、ホーム・トラックだもんね。



what a great race! Thad is the real deal!

素晴らしいレースだった。観ている人を楽しませる余裕さえもある。ホンモノってスゴイ。シビレタ。