Friday, September 23, 2016

stage 13, Williams, Arizona to Lake Havasu City, Arizona (232 miles)...


shinya and the Indian,  warming up in the morning.

木村氏とインディアン、朝のワームアップ。

 something's bothering him...

何だかしっくりこないらしい。


 they started to investigate just 20 minutes before the starting time...

出走時間が迫っている。しかし、どうにも気になるので調査。


 they found that one of the cylinder stud bolts was worn out got a loose end.

シリンダーのスタッド・ボルトが一本痩せちゃっているのを発見。

 took out one from a spare case and replacing it.

スペアのケースから一本取って付け替えてみる。


 people see a case on the ground so they probable thought "oh, poor #80, not again!" but, i thing we will be ok.

地面にケースが転がっているのを見て、周りの人が「また80番がやらかしてる。かわいそうに。」という雰囲気が漂う。でも、たぶん大丈夫。





 in such a crunch, they are still smiling :D

こんなピンチでも笑顔。変の態の習性。


shinya is ready and off to Lake Havasu. Go shinya!

何とか出走時間に間に合った!本日のライダー木村氏。レイク・ハヴァスウまで371km。

 #39 Linda and Larry. Larry is a special machinist that he made every single parts for their 1914 Indian. Linda got her motorcycle license just two weeks before the Cannonball. this is her first motorbike and every day she adds miles on it. she's a superwoman!

チーム39、LとL。おじさんのLの方は元マシニストで、彼らの1914年インディアンのエンジン、パーツ全部そっくり自作して参戦。ライダーのLは飛行機の女性パイロットだけど、オートバイの免許はキャノンボールの2週間前に取ったばかり。初めてのバイクが1914年インディアン。とにかく毎日スタートはするものの、不慣れで1マイル進んで止まってしまったりしていたのに、どんどん乗れる距離を増やしているスーパーウーマン。今日はゴール出来ますように。


 #94 RR 1916 Indian
one of his con-rods got snapped and missed two stages but he has been working on it and today, back on the road! 

RRの16年インディアンは何日か前にコンロッドがひしゃげてしまった。でも二日掛かって何とかレースに復帰。だから今朝は特別に誇らしい気持ちなんだって。

#78 CF 1916 Indian
he has been struggling and repairing his Indian for two days and he's back on the road again today! never give up!

こっちの16年インディアンも3日前に大打撃を受け、結構落ち込んでいた。でも、直すしかないよな?と何度も我々に聞いてきて、昨日も夜中までずっと直して、今朝出走。みんな本当にカッコイイ。






 waiting at today's finish and...shinya is here!!

朝のドタバタがあったのでドキドキしながらゴールで待っていると、キタァァァァ!


team 80, stage 13 clear!

チーム80番、ステージ13クリア!





 #39 1914 Indian, Linda made it all the way!! now she is a true superwoman! so glad to be here and share this moment with them.

そして、免許取り立てホヤホヤの1914年インディアン、チーム39のLが初めてステージを完走!ほんとにほんとに嬉しかった!この瞬間を分かち合えることに感謝。

three golden smiles :D 

みんな本当に素敵な笑顔!






Thursday, September 22, 2016

nightly maintenance day 12...


what a surprise! our good friend, former AMA racer, Thad Wolf stopped by just say hello to us. he wanted to come to see us at the grand finish but he had to work in Utah that day so he rode up to Arizona tonight instead. how sweet!!

わー友人の元AMAレーサー、サド・ウルフ氏がサプライズで会いに来てくれた!本当はゴールの日に来る予定だったんだけど、仕事で来れなくなったから仕事先からオートバイでアリゾナまで来てくれたんだって。嬉しい!

who expects chilly and windy weather in Arizona? rain had stopped but the temperature here is 39F° and it feels like way below because of the gusty wind.

アリゾナが寒いなんて誰が想像できましょうか?3℃くらい。雨は止んだけど風の嵐で体感温度はそれ以下。しかし、青空整備は続く。



 many of other Cannonballers were working on their bikes in the freezing cold parking lot.

ガクブルの駐車場では多くのキャノンボーラー達が修理をしたり明日の準備をしたりしている。ザ・過酷。


 carbon, anyone? got to clean the carbon build up in a cylinder head every other day.

カーボンいりませんかぁ?シリンダー・ヘッドに溜まるカーボン。定期的に掃除。




F R E E Z I N G!!

身体の芯から冷えた夜。




stage 12, Page, Arizona to Williams, Arizona (195 miles)...


 stage 12 dawn with an overcast morning.

ステージ12、ひと雨が降りそうなどんよりな朝。

 sharing pain with a fellow Hedstrom rider.

同じヘドストロム・エンジンのインディアン同士、問題点を分かち合う。


if weather is good, today will be a bonus stage. the shorter distance and they can ride through Grand Canyon National Park plus they've got a plenty of time to stay there and enjoy the landscape :) go, go Niimie!!

本日はもしもお天気が良ければ距離も短めの312km、グランドキャニオン国立公園に立ち寄ってゆっくりできるというボーナス・ステージ。いかにも雨が降りそうな雰囲気を紛らわせるために、N美氏にボーナスステージを乗れるなんてラッキーボーイだね、と何度も言う。ロッキー改めラッキーN美、ちょっとラッキーかも・・・とこの時点では一瞬は思ったと思う。シメシメ。


usually support crews take different route from competition riders but today we take some same route so we had to depart ahead in order to not encounter competition riders on the course. photo:shinya

通常はレーサー達が通るコースとは別のルートを行くサポート・クルー、たまに道が一つしかない場合など、クルーもコースと同じ道を通らねばならない時があり、そういう時はレーサー達よりも早く出発する。車窓より。 (木村氏撮影)

 support crew caravan. photo:shinya

サポート・クルー隊が列をなして移動中。(木村氏撮影)

 photo:shinya

木村氏撮影

 at Grand Canyon National Park. it was raining and foggy but we could see this only a few seconds.

グランドキャニオン国立公園にて。雨ザーザーで霧。何も見えずがっかりしていたら、一瞬だけ霧が切れてこんな景色が出てきた!


and then the full rainbow! shinya and i felt like something good may happen. maybe rain would stop when Niimie gets here.

そしてその一瞬にまさかの虹が!何か良いことありそう。きっとN美氏が通るころには晴れてるかも!なんて木村氏と話していたら・・・

something good did happen to Niimie :) (captured by Paul d'Orleans) when Niimie pulled in to a gas station on the way to Grand Canyon, he was welcomed by many Japanese girls who were traveling across America. other Cannonballers who got there earlier then Niimie told girls that there was a Japanese guy riding a 1915 Indian would be coming in so girls treated him like a rock star! way to go Niimie!! (after this, he got caught in a rain all the way...)

キャノンボーラー達と一緒に移動しながら銀板写真を撮っているミスター・ヴィンテジェントが、グランドキャニオンに向かう途中のガソリンスタンで撮ってくれた途中経過の一枚。旅の途中らしい日本人ガールズに大歓迎されるN美氏。先にスタンドに着いていたキャノンボーラー達がガールズ達にこれから1915年のインディアンに乗った日本人が来るぞなどと色々前情報を流していたらしく、ロックスター並みの人気者。さっき見た虹のラッキーは全部これに行っちゃったのねん。やっぱりラッキーボーイなN美氏。(この後最後までずっと土砂降りで、グランドキャニオンなんて霧に包まれてひとつも見えなかったそうですが、ラッキーはラッキー)




 and the soggy wet rock star has arrived to the finish!!

そして、来ました、来ました!虹のラッキー独り占め男、濡れネズミN美氏!



team 80, stage 12 cleared!

チーム80番、ステージ12クリア!